春の帯揚げコーディネート紹介

「ぎをん齋藤から春をお届け」企画、皆さまご覧いただけましたでしょうか?

本日は、春の帯揚げをコーディネートとともにご紹介いたします。

帯揚げ:三越桜花びら散らし(桃花ぼかし)
帯締め:笹浪組天色銀色

桃色の帯揚げで可愛らしくコーディネート。締めるとちらり覗く桜の花びらが、装いにそっと華を添えます。これからの季節のおでかけにぴったりです。

胡粉で描かれ花びらがとても上品です。
もう少し落ち着いたピンクがお好きな方は、お色違いの三越桜花びら散らし(藤ぼかし)もおすすめでございます。

帯締めは、さわやかな水色がアクセントの笹浪組を合わせました。房の中の銀糸も涼やかで美しい一品です。

続いてのコーディネートはこちら。

帯揚げ:菊唐草蝶絞り(錆朱)
帯締め:貝の口組白立分(淡黄)

春の野にひらひらと蝶が舞っている、そんなイメージでしょうか。

人気の蝶絞りの帯揚げは、錆朱をチョイス。さまざまな装いに合わせやすい帯揚げです。多色展開しておりますので、お好みの色を見つけてみてください。

帯締めは、帯揚げと同じ黄色系で統一してみました。差し色として藤色や利休を合わせてみても良いかもしれません。

春はもうすぐそこまで来ていますね。まずは装いから、春のわくわくした気分を楽しみませんか?

 

*「ぎをん齋藤から春をお届け」 企画についてはこちらの記事をご覧ください。こちらは、終了致しました。


古い記事 新しい記事