春爛漫。新作 数寄屋袋のご紹介

 

齋藤織物のアトリエのある京都・西賀茂は、春のうららかな陽気に包まれ、桜の木々から小鳥のさえずりが聴こえてきます。

 

 

本日は爛漫の桜にも負けない美しさの、新作の数寄屋袋をご紹介いたします。

 

 

風光るこの季節のお出かけにふさわしく、鮮やかな色の裂地を仕立てた数寄屋袋。齋藤織物こだわりの手織西陣織です。

 

 

「数寄屋袋 緯錦 花段文」  右「数寄屋袋 緯錦 葡萄唐草」

 

左の「緯錦(ぬきにしき)花段文」は、多色使いのシンプルなストライプ文様ですので、どんなお着物にも合わせやすい仕上がりです。
色とりどりの春らしいパステルカラーの色糸がとてもかわいい!です。

 

右の「緯錦 葡萄唐草」は、透明感のある生地にきらきらと輝く金箔糸が一番の特徴です。ジュエリーのように光をとらえて輝く裂地に…と、いう想いを込めた令和の新作です。

 

どちらも華やかな色味で、素材の美しさが映える逸品です。

春のお出かけのワードローブに、ぎをん齋藤の数寄屋袋はいかがでしょうか?


古い記事 新しい記事