新着 夏物の帯揚げを掲載いたしました

雨の合間の日差しが日に日に夏らしくなりつつある今日このごろ、
また少し、夏物の帯揚げを紹介いたします。

帯揚げ 絽 観世水
艶のある駒絽地に「観世水」文様を織り出しています。
ほどよい具合のハリと弾力があり、涼やかな流水模様が光の角度に合わせちらちらと見え隠れします。

どのお色もほんのりと涼し気な色目です。

 

帯揚げ 絽銀通し四分六
織り込んだ銀糸による細かな陰影が、さらりと柔らかい印象の帯揚げです。
銀糸の出る分量の多い面と少ない面が4対6になるよう織り分けられています。

ほどよい濃さの中間色から白に近い薄色で引きぼかしに染めております。
そのため表に出す部分により、ニュアンスに変化をつけることもできます。
銀糸の見え方も裏表で割合が反対になりますので、お好みにあわせて華やかにも控えめにもお使いいただけます。

 

風通しのよい新しい色目の帯揚げで、涼を感じる装いはいかがでしょうか。


古い記事