セール中

数寄屋袋 緯錦 横段花鳥文

販売価格

  • - 0%
  • 通常価格 ¥36,000
    ( / )
    税込

    横段花鳥文は唐織に使用する「だるま糸」の経糸に、ほこほことした真綿の絹糸を緯糸に織り込んだ「ぎをん齋藤」の創作裂地です。

    文様は西方の花鳥文を本歌に、七代齋藤貞一郎が創作したものです。のんびりとした鳥の文様は異国情緒を感じるのびやかな文様で、合間に草花が可愛らしく描かれています。

    経糸の「だるま糸」は、国産の蚕からとれる糸を「座繰り」により手挽きした、琴の弦にも使用される丈夫で貴重な絹糸です。本来は唐織の経糸として使うその糸に、緯糸の真綿紬を打つことにより、あたたかみのある独特の風合いの裂地になりました。粋人の方にもお喜びいただけるような、野趣に富んだ紬のやわらかな手触りです。

    さまざまな季節と格式のお茶席のおともに、どうぞお持ちください。贈り物にもふさわしい数寄屋袋です。

    マグネットボタン付き

    素材: 正絹(紬・だるま糸)
    地色: 白茶
    寸法: 幅 22cm × 高さ 15cm × 奥行 3cm
    本体重量: 約75g
     
    * 化粧箱入り
    * のしをご利用の方は、カート内備考欄へメッセージをお願いいたします。詳しくは、こちらをご覧ください。
    * 時間指定配送をご希望の方は、カート内備考欄へメッセージをお願いいたします。

    * バッグ、ふくろものはすべて職人による手織りの一点物です。
    * 写真の色味はご覧になる環境によって、実際の商品と異なる場合がございます。

    * 素材の風合いを生かすため大変繊細な商品となっております。お取り扱いには十分ご注意下さい。

    * こちらの商品は店頭でも販売しております。入れ違いで品切れになる場合もございますので、あらかじめご了承くださいませ。ご注文の前に在庫の確認・確保をご希望の際は、お問合せフォームまたはお電話(075-493-4445)にてお願いいたします。