セール中

数寄屋袋 三本紗菊鉄線唐草

販売価格

  • - 0%
  • 通常価格 ¥36,000
    ( / )
    税込

    「三本紗」は「こめ織」と呼ばれる織り方の一種で、正倉院御物にも伝来される織物を齋藤織物で復元しました裂地です。

    ぎをん齋藤では1000年来、神社や有職の世界で細々と生き残ってきた珍しい紗織の一種を、和装の世界に蘇らせました。

    その貴重な三本紗をベースに唐織の文様を織り出す為のボリュームのある色糸や、金糸を使って、菊花と鉄線を描きました。
    縁起の良い唐草に文様化されたかわいい花。初夏に咲く花の「鉄線」と初秋に咲く花「菊」。単衣の季節を通してお持ちいただきたい数寄屋袋です。
    また、この鉄線唐草は桃山時代の能衣装の復元の裂地で、染織美術品としても格調高い逸品です。

    マグネットボタン付き

    使用生地の素材: 正絹/金糸
    地色: 鶸
    寸法: 幅 22cm × 高さ 15cm × 奥行 3cm
    本体重量: 約59g
     
    * 化粧箱入り
    * のしや手提げ袋をご利用の方は、商品の中から「のし」「手提げ袋」を選択し、カートへ追加をお願いいたします。
    * 時間指定配送をご希望の方は、カート内備考欄へメッセージをお願いいたします。

    * バッグ、ふくろものはすべて職人による手織りの一点物です。
    * 写真の色味はご覧になる環境によって、実際の商品と異なる場合がございます。
    * 素材の風合いを生かすため大変繊細な商品となっております。お取り扱いには十分ご注意下さい。

    * こちらの商品は店頭でも販売しております。入れ違いで品切れになる場合もございますので、あらかじめご了承くださいませ。ご注文の前に在庫の確認・確保をご希望の際は、お問合せフォームまたはお電話(075-493-4445)にてお願いいたします。