セール中

帯締め 笹浪組天色銀色

販売価格

  • - 0%
  • 通常価格 ¥19,500
    ( / )
    税込

    水面に「さざなみ」がたっているような組み目から「笹浪組」と呼ばれる伝統的な組紐です。

    中央アジアの遺跡からも紀元前5~3世紀のころのウール製のものが出土されるなど、そのルーツはとても古いものになります。日本では正倉院にも多数の笹浪組で作られた紐類が伝わっています。

    その定番の笹浪組で作られた、こちらの帯締めは「齋藤織物」の唐織の帯に使用される艶やかな絹糸と銀糸を使い組まれています。鮮やかな空色は年代を問はずお召しいただける上品で明るい色目です。

     房は撚り房仕上げですので、長らく美しい房が簡単なお手入れで保つことができます。職人が手できっちりと撚りながら組んだ組紐の存在感は「ぎをん齋藤」ならではの逸品です。

    房は撚り房仕上げですので、長らく美しい房が簡単なお手入れで保つことができます。

    素材: 正絹/銀糸
    色:白
    寸法: 長さ 153cm(房除く) × 幅 1.5cm × 厚み 0.3cm
    本体重量: 約44g
     
    * 化粧箱入り
    * のしや手提げ袋をご利用の方は、商品の中から「のし」「手提げ袋」を選択し、カートへ追加をお願いいたします。
    * 時間指定配送をご希望の方は、カート内備考欄へメッセージをお願いいたします。

    * 写真の色味はご覧になる環境によって、実際の商品と異なる場合がございます。
    * 素材の風合いを生かすため大変繊細な商品となっております。お取り扱いには十分ご注意下さい。

     * こちらの商品は店頭でも販売しております。入れ違いで品切れになる場合もございますので、あらかじめご了承くださいませ。ご注文の前に在庫の確認・確保をご希望の際は、お問合せフォームまたはお電話(075-493-4445)にてお願いいたします。