セール中

帯締め 唐組ダイヤ 房金

販売価格

  • - 0%
  • 通常価格 ¥45,000
    ( / )
    税込

    唐組は飛鳥時代から伝わる古い組み方の一つで、高貴な人のみ使用することができると言う時代もあったそうです。平安時代には、貴族が衣冠束帯の折り、剣を吊る平緒に用いました。

    糸には「齋藤織物」の唐織にも使われる絵緯糸を使用しております。職人が手できっちりと撚りながら組んだ組紐。その存在感は「ぎをん齋藤」ならではの品格です。房は撚り房仕上げですので、美しい房が簡単なお手入れで保つことができます。
    大胆で鮮やかな配色が、お着物のコーディネートをより華やかにしてくれることでしょう。お正月やおめでたい席にぴったりの帯締めです。

    素材: 正絹、銀糸
    糸の色: 鶸、白、金

    寸法: 長さ 154cm(房除く) × 幅 1.8cm × 厚み 0.4cm
    本体重量: 約54g
     
    * 化粧箱入り
    * のしをご利用の方は、カート内備考欄へメッセージをお願いいたします。詳しくは、こちらをご覧ください。
    * 時間指定配送をご希望の方は、カート内備考欄へメッセージをお願いいたします。

    * 写真の色味はご覧になる環境によって、実際の商品と異なる場合がございます。
    * 素材の風合いを生かすため大変繊細な商品となっております。お取り扱いには十分ご注意下さい。

    * こちらの商品は店頭でも販売しております。入れ違いで品切れになる場合もございますので、あらかじめご了承くださいませ。ご注文の前に在庫の確認・確保をご希望の際は、お問合せフォームまたはお電話(075-493-4445)にてお願いいたします。