雨露と紫陽花の美しい季節。新作トートバッグと数寄屋袋をご紹介いたします。

紫陽花の花が雨に映える季節となりました。
 
新作の「トートバッグ 緯錦 段文様」は、そんな梅雨の季節に色づく紫陽花をイメージして作りました。

淡い紫から緑への色の移ろい。

紫陽花の微妙な色のニュアンスを、糸のグラデーションで表現いたしました。

余談ですが、紫陽花は徐々に色が変化することから「七変化花」とも呼ばれるそうです。

色糸のほかに、きらきらと光る箔糸や銀糸を織り込み、軽やかで上品に仕上げました。

梅雨の時期でも心がはずむようなバッグです。

ノート、500mlペットボトル、iPad、折り畳み傘などが入ります。

 

 

続けて、「数寄屋袋 唐織舞蝶 金彩」も掲載いたしましたのでご紹介いたします。

やさしい水色の地色に、優雅に舞う胡蝶。

絹の美しさが最も映える唐織で織り出した、ぎをん齋藤定番の意匠です。

はんなりとした愛らしい文様に金彩を添え、可憐な花びらがより華やかさを際立たせます。


古い記事 新しい記事